阪神・淡路大震災で現れた野島断層を保存。物産館、レストランほか施設案内。
>
ゴールデンウィーク語りべ

ゴールデンウィーク語りべ

4月27日(土)

神木 必勝さん

 震災当時淡路広域消防北淡出張所長。災害対策本部で情報収集や消防団へ指示を出しました。

 

4月28日(日)

中谷 欽輔さん

元兵庫県職員、北淡震災記念公園初代総支配人 。PTA会長や町内会長等の地域活動で活躍しました。

 

4月29日(月・祝)

三好 正文さん

神戸新聞NIX推進部アドバイザー

1984年神戸新聞社入社、阪神・淡路大震災当日、社会部記者として全壊した神戸三宮の本社で宿直勤務だった。

2015年からほぼ毎年、北淡震災記念公園で神戸新聞社主催の災害企画展を開催している。

 

4月30日(火・祝)

米山 正幸さん

北淡震災記念公園震災総支配人。当時北淡町で一番被害の大きかった富島地区で消防団員として活動。様々な体験記録をまとめ全国で語りべとして活動しています。

 

5月1日(水・祝)

人形寺 祥弘さん

震災当時は地元の信用金庫に努めていました。様々な地域活動やボランティア活動を行い、平成29年から語りべ活動開始。

 

5月2日(木・祝)

桂 孝弘さん

 震災当日はフェリーの船員として震源の真上で地震を体験。民生委員として地域の復興に活躍してきました。

ボランティアやまちづくりの経験を語ります。

 

5月3日(金・祝)

森 康成さん

北淡にある淡路高等学校で生徒への防災教育に取り組み、退職後語りべとして活動開始。 

 

5月4日(土・祝)

廣岡 卓樹さん

震災当時、北淡町役場総務課長。平成21年に退職まで行政の立場で震災からの復興を見守ってきました。

 

5月5日(日・祝)

向井 規子さん

震災では富島地区で倒壊した自宅の下敷きになりました。震災時町や子供たちの様子を語っています。

 

5月6日(月・祝)

米山 正幸さん

2回目の登場、熱い思いを再び語ります。