阪神・淡路大震災で現れた野島断層を保存。物産館、レストランほか施設案内。
>
第4回語り部シンポ

第4回全国被災地語り部国際シンポジウムin熊本
The 4th All Japan KATARIBE International Symposium in Kumamoto

 

                        

地震、津波、噴火、風水害。日本、世界中で頻発する自然災害を止めることは出来ません。

熊本地震から2年半経つ被災地に全国、海外の語り部の英知を集めこれからの「減災」を私たち自身で考え、行動します。

第4回全国被災地語り部国際シンポジウム in熊本 ~多様な語りで未来へつなぐ~

日 時:平成30年12月8日(土)/9日(日)/10日(月)
参 加:無料
会 場: 8日 熊本城、市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市中央区桜町1-3)
                   アクセス: http://stage1kmj.jp/?page_id=27
           9日 熊本県御船町・南阿蘇村・益城町(熊本地震の語り部バス)
         10日   長崎県島原市(雲仙普賢岳噴火災害)


<プログラム>
◆12月8日(土)
【第1部】10:30-11:45 熊本城での語り部(日本語・英語)
                                 
【第2部】14:15-16:00 先着順(150名)                
 ●被災地の語り部講話
井上学 熊本市危機管理監
岡田美紀(日本語)野島断層保存館/池本啓二(英語)北淡震災記念公園震災の語りべボランティア
●パネルディスカッション
パネリスト
高城禎彦   宮城県 石巻観光ボランティア協会事務局長
長谷川重雄  長崎県 雲仙岳災害記念館語り部ボランティア
毛利聖一   熊本県 熊本日日新聞論説委員
黄嘉慧    台湾  921地震教育園区解説員
コメンテーター
植松浩二 熊本市副市長
阿部憲子 南三陸ホテル観洋女将
コーディネーター
山地久美子 大阪府立大学客員研究員/神戸大学地域連携推進室学術研究員

【第3部】16:15-17:45 語り部ワークショップ
第1分科会「被災地語り部から学ぶ~防災・減災・ネットワーク~」
第2分科会「復興・地域おこしと語り部」
第3分科会「次世代の語り部」 熊本県/宮崎県/兵庫県の高校生

【第4部】17:50-18:10 閉会 総括・「熊本語り部宣言」

【第5部】18:30-20:00 交流会 (熊本城を臨みながら)

◆12月9日(日)【第6部】8:00-17:00 <災害を風化させないための語り部バス> 
                                                           限定60名 参加無料 (協力 熊本県)
  熊本地震の災害遺構と語り部:熊本市内→御船町→南阿蘇村(東海大学阿蘇キャンパス1号館)→益城町→熊本市内

◆12月10日(月)【第7部】10:00-14:00 <雲仙普賢岳噴火災害オプショナルツアー> 現地集合/解散
   雲仙岳災害記念館、語り部、土石流被災家屋保存公園ほか

 《申込方法》ご氏名、内容等の項目を下のEメール、FAX、電話番号へ12月4日(水)までにお知らせください、
①お名前、連絡先、ご所属、参加希望の部(第1~7部)、語り部ワークショップ(3分科会)の番号、熊本城の語りべ(日本語・英語)
②第1部、第6部、第7部の集合場所・時間については申込受付後に事務局より連絡します。

 申込先:第4回全国被災地語り部国際シンポジウム in熊本実行委員会事務局(北淡震災記念公園内)
           担当:池本、岡田、漣
Eメール:
kataribe2018@nojima-danso.co.jp、FAX:0799-82-3027、電話:0799-82-3020
                                          申込書PDF        申込書ワード

 【主催】「第4回全国被災地語り部国際シンポジウム in熊本」実行委員会
    (野島断層保存館/北淡震災記念公園震災の語りべボランティア/多文化と共生社会を育むワークショップ/
     FMわぃわぃ/益城だいすきプロジェクト・きままに/オールみふね恐竜の郷復興プロジェクト/
     熊本シティエフエム/雲仙岳災害記念館/南三陸町地域観光復興協議会)
 【共催】科学研究費補助金基盤(B)海外学術調査「被災者支援レジーム/復興まちづくりの国際比較研究」
 【特別協力】株式会社ほくだん、南三陸ホテル観洋

 

Natural disasters occure all around the world, but we can not stop them.

KATARIBE "story teller of natural disasters" gather in Kumamoto where big earthquake strack in 2016.
We think ourselves and act for disaster reduction. 

The 4th All Japan KATARIBE International Symposium in Kumamoto

 

Program    December 8

  Part1      KATARIBE in Kumamoto castle.(Japanese/English) 
  
Part2      KATARIBE  

                 Kumamoto Earthquake 
                 Great Hanshin-Awaji Earthquake           
              
 Panel Discussion

  Part3      KATARIBE Workshop

                 Three sections

  Part4     Closing  / KATARIBE Declaration in Kumamoto

  Part5     Exchange Meeting

              December 9
  Part6    Fieldwork
               KATARIBE Bus

              December 10
  Part7    Optional Tour
              Shimabara Nagasaki Pref.

 

지진, 해일, 분화, 풍수해.

일본 및 세계에서 빈발하게 발생하는 자연 재해를 인간은 멈출 ​​수 없습니다. 

구마모토 지진으로부터 2 년 반이 지났습니다. 

구마모토에 일본에서 그리고 해외의 「가타리베」의 지혜를 모아 앞으로의 「감재」를 생각하고 행동합니다.  

4 회 전국 재해 지역 「가타리베」 국제 심포지엄 in 구마모토

~ 다양한 이야기로 미래로 연결 ~ 

일시 : 2018 12 8 () / 9 () / 10 ()

참가 : 무료

회장 : 8 일 구마모토 성, 시민 회관 시어스 홈 유메 홀 (구마모토시 주오구 사쿠라 마치 1-3)

                   액세스 : http://stage1kmj.jp/?page_id=27

           9 일 구마모토 현 미후네 마치 · 미나미 아소 무라 · 마시키 마치

 (구마모토 지진의 「가타리베」버스)

         10 일 나가사키 현 시마바라 시 (운젠 후겐 다케 분화 재해)

 

문의 

사무국 : 실행위원회 사무국 (호쿠단 지진 기념 공원 내)

           담당 : 이케 모토, 오카다, 르네

e 메일 : kataribe2018 @ nojima-danso.co.jp, FAX : 0799-82-3027 전화 : 0799-82-3020

 

 地震,海啸,火山爆发,狂风,洪水泛滥

 日本以及全世界频发自然灾害,这是人类无法阻止的。

 熊本地震已经过去两年了。

 集合了从熊本到全日本乃至全世界的【kataribe】的智慧,围绕今后的减灾进行探讨,让我们行动起来。

 第四届全国受灾地【kataribe】国际座谈会 in 熊本~ 面向未来,开展多种形式的座谈~

日期:2018年12月8日(星期六)/9日(星期日)/10(星期一)

参加费: 免费
会场:
8 日熊本城,市民会馆 西阿滋home梦想大厅(熊本市中央区樱町1-3)
到场路线:

 

9日 熊本县御船町·南阿苏村·益城町(熊本地震得kataribe大巴)

10日 长崎县岛原市(云仙普贤岳火山爆发灾害地)

咨询处:担当:池本、冈田、涟
传真:0799-82-3027
电话:0799-82-3020

 

         プログラム詳細

128日(土) 

 

時 間

会 場

プログラム

1部

10:30-12:00

  

熊本城

熊本城の語り部 ~熊本城を歩く~

 日本語  くまもとよかとこ案内人の会〈熊本観光ボランティアガイド〉

 英 語  NPO法人ディスカバリーくまもと

2

13:0013:15

市民会館シアーズホーム夢ホール

2階大会議室

開会

●開会挨拶 実行委員長 米山正幸(北淡震災記念公園震災の語りべボランティア)

●歓迎挨拶 熊本市長 

13:2014:00

被災地の語り部 講話

●熊本地震の行政対応 ~失敗から学んだこと~ 

井上学 (熊本市危機管理監)  

●阪神・淡路大震災 ~まーくんが伝えたいこと~ 

   岡田美紀(日本語)野島断層保存館

   池本啓二(英語) 北淡震災記念公園震災の語りべボランティア

14:05-14:10

熊本県「熊本地震震災ミュージアム構想」紹介 

   田浦貴久 (熊本県知事公室課長補佐)

14:1516:00

パネルディスカッション

パネリスト/高城禎彦  (宮城県 石巻観光ボランティア協会事務局長)

           長谷川重雄 (長崎県 雲仙岳災害記念館語り部ボランティア)     

      毛利聖一  (熊本県 熊本日日新聞論説委員)

       黄 嘉慧  (台湾 921地震教育園区解説員)

コメンテーター/植松浩二(熊本市副市長)     

        阿部憲子(南三陸ホテル観洋女将) 

コーディネーター/山地久美子 (大阪府立大学客員研究員/

                               神戸大学地域連携推進室学術研究員)

 

【総合司会】  金千秋(兵庫県 FMわいわい代表理事)

3

16:1517:45

2階会議室

語り部ワークショップ

【第1分科会】 「被災地語り部から学ぶ~防災・減災・ネットワーク~」 

パネリスト   菅原美紀子 (岩手県 災害語り部/陸前高田市)

        益城元気  (熊本県 紙芝居の語り部/益城町)

        長生  修  (熊本県 FM791熊本シティエフエム)

コメンテーター 北後明彦 (兵庫県 神戸大学都市安全研究センター教授) 

コーディネーター吉村静代 (熊本県 益城だいすきプロジェクト・きままに代表理事)

2階会議室

【第2分科会】 「復興・地域おこしと語り部」 

パネリスト   佐々木康彦 (新潟県 山の暮らし再生機構/長岡市)

        坂本隆文  (熊本県 西原村商工会青年部)     

コメンテーター 和田幹司  (兵庫県「1.17KOBEに灯りをinながた」実行委員長) 

コーディネーター福永 啓   (熊本県 オールみふね恐竜の郷復興プロジェクト)

2階会議室

【第3分科会】 「次世代の語り部」  

パネリスト   熊本県立第一高等学校  生徒

                宮崎県立飯野高等学校 生徒

        兵庫県立淡路高等学校 生徒

コメンテーター 伊藤 俊 (宮城県 南三陸ホテル観洋・防災士) 

        満行豊人 (長崎県 雲仙岳災害記念館語り部ボランティア)

コーディネーター森 康成 (兵庫県 北淡震災記念公園震災の語りべボランティア)

4

1750-18:10

大会議室

総括     山地久美子 大阪府立大学客員研究員/

                     多文化と共生社会を育むワークショップ代表

閉会 「熊本語り部宣言」

   副実行委員長 阿部隆二郎  (南三陸町地域観光復興協議会会長)

5

18:3020:00

熊本市役所

14

ダイニングカフェ彩

交流会                      

【司会】飯田美奈子 (兵庫県 多文化と共生社会を育むワークショップ)

    長生修   熊本県 熊本シティエフエム営業部部長)

                                                  参加者は飲食時 3,000

         

 129日(日)<熊本地震>災害を風化させないための語り部バス 限定40名 参加無料協力 熊本県 

 

時 間

会 場

6

語り部バス

8:0017:00

熊本市内発 (集合場所等は参加受付後にお知らせします)

御船町  日奈久・布田川断層断層の影響等、御船町恐竜博物館

南阿蘇村 東海大学阿蘇キャンパス 布田川断層による1号館建物への影響等

益城町  布田川断層の影響等、益城町テクノ仮設団地

〈ルート〉

熊本市内 → 上記各所 → 阿蘇くまもと空港 → JR熊本駅 → 交通センター付近

                                   (昼食代1,000円、御船町恐竜博物館500円は実費)

*熊本県「震災遺構等を巡るモニターツアー」として実施し、アンケートへのご協力をお願いします。

  

1210日(月) オプショナルツアー 

 

時 間

会 場

オプション

 

10:0014:00

 

現地集合/解散

雲仙岳災害記念館の案内

雲仙普賢岳噴火災害の語り部

土石流被災家屋保存公園ほか 

(雲仙岳災害記念館入館料1,000円、タクシー2,000円見込/1人当りは実費)

    

【展示】 ■全国・海外の被災地 語り部の取組み紹介 ■被災者の作品 災害にかかる紙芝居、絵本、写真、映像等

1階展示ロビー・2階小ホールのホワイエ

 

協力:熊本国際観光コンベンション協会「1.17KOBEに灯りをinながた」実行委員会

    株式会社フェリシモ(多文化WS「熊本らしい復興を語り継ぎ、備えと安全を未来へ手渡すプロジェクト」)

後援:熊本県 熊本県教育委員会 熊本市 熊本市教育委員会 益城町 益城町教育委員会 御船町 御船町教育委員会
西原村 西原村教育委員会 南阿蘇村 南阿蘇村教育委員会 熊本大学 熊本県立大学 熊本学園大学
神戸大学都市安全研究センター 神戸大学未来世紀都市学研究ユニット 神戸大学地域連携推進室
大阪府立大学女性学研究センター NHK熊本放送局 熊本放送 テレビ熊本 熊本朝日放送 くまもと県民テレビ
熊本日日新聞社 FMK エフエムやつしろ エフエム小国 天草ケーブルネットワーク(株)読売新聞西部本社 
毎日新聞社 西日本新聞社 朝日新聞社 共同通信社 時事通信社熊本支局