阪神・淡路大震災で現れた野島断層を保存。物産館、レストランほか施設案内。
>
野島断層保存館

野島断層保存館   Nojima Fault Preservation Museum

 

 

Nojima Fault Preservation Museum

 

兵庫県南部地震で出現した野島断層。野島断層保存館では断層をありのままに保存し、地震の凄まじさと脅威を感じていただき、地震に備える大切さを伝えます。

 

 

エントランスホール
入館受付やトイレがあり、国道43号が倒壊した様子の再現模型、震災当時の写真パネル、活断層の地図があります。
(車いす、ベビーカーの貸し出しもあります。)
 
 (国道43号倒壊再現模型)  

 

 

(入館受付) (活断層の地図)

 

断層保存ゾーン

 

断層による様々な地形の変化をカメラやパネル、案内係の解説により、詳しく観察できます。

断層の断面が見られるトレンチ展示や触れる断層もあります。

  (トレンチ展示)

 



「神戸の壁」は、昭和2年頃、神戸市長田区若松町の公設市場の延焼防火壁として建てられました。
第二次世界大戦中の神戸大空襲(1945年)に耐え残り、阪神・淡路大震災では周囲の建物が倒壊全焼する中、この壁だけは倒れず、焼けず、その姿をとどめました。

震災の記憶を風化させないための震災遺構として、阪神・淡路大震災の教訓を末永く後世に伝える北淡震災記念公園に「神戸の壁」を移設し、震災から得た教訓と防災に対する意識を発信させます。

メモリアルハウス

  
                                (メモリアルハウス)
                          


活断層の真横でもほとんど壊れなかった家を「地震に強い家」として公開しました。家の塀や花壇の煉瓦がずれた様子、当時の台所も再現しています。毎週火曜日には『震災の語りべ』が体験談を語ります。


震災体験館

 




体験コーナーでは兵庫県南部地震と東北地方太平洋沖地震の揺れの違いを体験できます。1回の定員は10名です。混雑状況によりどちらか片方だけの体験になる場合がございます。

震災シアターでは、阪神・淡路と東日本、両震災の映像や南海地震への備えの映像をご覧いただけます。